世界遺産のモニタリングと防災











 世界遺産を守る! その為に、自分は、どんな協力ができるでしょうか?という質問をよくお受けします。

私たちが、一番重要だと考えているのは、モニタリング(Monitoring)、すなわち、監視活動、それに、防災(Risk Preparedness)だと思います。

 世界遺産は、あらゆる脅威(Threat)や危険(Danger)にさらされており、その環境は、日々、状況が変化しています。

 世界遺産を取り巻く、脅威や危険の因子は、下記の通りで、世界遺産固有の風化や劣化にはじまり、世界遺産を取り巻く社会構造などの社会的な要因(Social factors)、地震、津波などの自然的な要因(Natural factors)、景観問題、落書き、杜撰な管理体制などの人為的な要因(Man-made factors)、それに、地球温暖化が原因だと思われる海面上昇や珊瑚の白化現象など、その原因は、多様です。

 脅威や危険は、予測可能なもの、そうでないもの、潜在的な脅威や危険を孕んでいるもの、或は、既に、脅威や危険が顕在化しているものなど、深刻な度合いもまちまちです。

 気づいたら当事者に注意をしてあげる、そして、改善措置が図れれば問題ないのですが、無視する、聞き入れないという声が多いのも確かです。

 民間レベルで出来ることには限界がありますが、そうした苦情や苦言などを受け入れる所がなく、諦めや放置状態になっているものが多いのも知っています。

 不正行為やハラスメントも望ましくありません。

 民間レベルで、どの様な対応が図れるかはわかりませんが、可能な限りで事実確認をし、望ましい世界遺産の保護管理のあり方についての問題意識を共有したいと考えています。

 また、このことは、これから世界遺産登録をめざしているもの、或は、かけがえのない自然環境や文化財などの地域遺産についても、地元の人、そして、観光で訪れた人、一人一人のモニタリング(Monitoring)の意識が大切だと思います。

 人類共通の財産である世界遺産、それに、かけがえのない日本遺産や郷土遺産を、あらゆる脅威や危険から守っていきましょう。


 連絡先:世界遺産総合研究所 モニタリング担当











参考文献
世界遺産入門ー過去から未来へのメッセージー
世界遺産学入門

世界遺産ガイドー世界遺産条約編ー

世界遺産ガイド −世界遺産の基礎知識−
世界遺産ガイド −図表で見るユネスコの世界遺産編−
世界遺産キーワード事典
世界遺産事典−878全物件プロフィール−
世界遺産ガイド −文化遺産編−2006改訂版
世界遺産ガイド −文化遺産編−4.文化的景観
世界遺産ガイド −日本編 −2008改訂版
世界遺産ガイド −日本の世界遺産登録運動 −
誇れる郷土ガイド −全国47都道府県の誇れる景観編 −
誇れる郷土ガイド −全国47都道府県の観光データ編 −
誇れる郷土ガイド −北海道・東北編 −














世界遺産と総合学習の杜に戻る
出版物ご購入のご案内に戻る
出版物のご案内に戻る
シンクタンクせとうち総合研究機構のご案内に戻る
世界遺産総合研究所のご案内に戻る

世界遺産情報館に戻る
 
誇れる郷土館に戻る