第一回中国大運河国際サミット


世界遺産と持続可能な観光の発展-日本の世界遺産地の事例など








 

 

   世界遺産総合研究所 所長 古田陽久


この度は、杭州市人民政府と中国新聞社共催の第一回中国大運河国際サミットにお招きいただき有難うございます。限られた時間ではありますが、「世界遺産と持続可能な観光の発展-日本の世界遺産地の事例など」についてお話しさせていただきます。


 私にとって、杭州への旅は今回で四度目になります。2011年には、その年に世界遺産登録された「杭州西湖の文化的景観」を取材したことがありますが、訪れる度に、その発展ぶりと進化していく様子には驚かされます。

 

杭州は、古くから日本との関わりも深く、特に西湖は、私の住んでいる広島の縮景園という庭園の中の橋は蘇堤の「跨虹橋」をモデルにしており、また杭州市の姉妹都市のひとつである山口県岩国市の「錦帯橋」は、白堤の「錦帯橋」の名前に因んでいるという、大変なじみのある場所であります。

 

私は、先ほど申し上げました通り、広島市に住んでおり、ユネスコ遺産の研究を20年近く続けてきました。世界遺産、世界無形文化遺産だけでなく、最近では世界の記憶である世界記録遺産にも研究領域を広げてきました。

 

毎年開催される世界遺産委員会や無形文化遺産委員会にもオブザーバーステイタスで参加してきており、その研究成果を出版、講演、シンポジウム、テレビ出演などで発表しています。今回のお招きもこのような活動を評価していただいた結果だと思い、感謝しております。

 

さて、「世界遺産の現状と課題」ですが、現在、ユネスコの世界遺産の数は1052件(自然遺産 203 文化遺産 814 複合遺産 35)あります。

今年7月にトルコで開催された第40回世界遺産委員会イスタンブール会議では、中国では2件が世界遺産に登録され、中国の世界遺産の数は50件(「九寨溝」、「黄龍」などの自然遺産が11、「万里の長城」、「蘇州の古典庭園」、「杭州西湖の文化的景観」などの文化遺産が35、「泰山」、「黄山」などの複合遺産が4)となり、イタリアの51に次いで、世界で第2位になりました。世界無形文化遺産の数は、「昆劇」など37あり、世界第1位です。

 

中国には長い歴史があり、国土面積も広く、各時代、各地域を代表する世界遺産ポテンシャル・サイトも多いので、世界遺産の数が世界一になる日も、そんなに遠い将来のことではないと思います。

 

しかしながら、世界遺産とは、その数の多さを競うものではなく、本来の主旨は、「世界遺産を取り巻く脅威や危険」から守り、次世代へ継承していくというものです。そういう意味でも、ただ単に世界遺産を愛でるだけでなく、いかに保護し守っていくかが一番重要なことと思っています。

 

世界遺産は、登録後も様々な問題が発生し、危機的な状況に陥り、登録時の「顕著な普遍的価値」が損なわれた場合には、「危機にさらされている世界遺産リスト」(略称:危機遺産に登録されます。今年は新たに8件が登録され、現在「危機遺産」は55件となり、危機遺産比率は5.23%と過去最悪を記録しています。その原因や理由を整理してみると、「風化」、「劣化」、「大地震」、「豪雨」、「火災」、「戦争」、「紛争」、「都市化」、「無秩序な地域開発」、「管理体制の欠如」などが挙げられます。

 

中国大運河の場合、今後考えられる危機因子としては、洪水、水質汚染、火災、経済・都市開発、観光開発圧力などがありますが、世界遺産登録時の「顕著な普遍的価値」が損なわれない様、常日頃からのモニタリング体制など危機管理対応は大変重要なことと思います。

 

近年、紛争による理由で「危機遺産」に登録されるケースが目立っています。昨年、ユネスコの事務局長イリーナ・ボコヴァ氏は、「世界遺産は、今、イスラム国などによる攻撃、破壊、盗難の危機にさらされている」とし、これらの脅威や危険からシリア、イラク、イエメン、リビア、マリ、アフガニスタンなどの世界遺産をどう守っていくべきなのか問題提起しました。そして、平和の大切さを再認識する「世界遺産に関するボン宣言」が採択されました。当たり前のようではありますが、平和と安全な社会であってこその「世界遺産」だということを私たちは再認識する必要があります。

 

 次に、「日本の世界遺産地の事例」をご紹介します。日本は、1992年に世界遺産条約を締約、現在、世界遺産の数は、20(自然遺産 4、文化遺産 16)あります。

 

世界遺産に登録されると、国内外への知名度がアップし、保全意識も向上します。訪れる人も増え、地域波及効果や経済波及効果が見込まれます。

 

一方、開発圧力、観光圧力、環境圧力などが強まり、様々な問題点や課題が生じてくる場合もあります。日本の世界遺産地の共通点として、世界遺産登録年の前後にわたって観光客が急増する「観光圧力」があります。特に、比較的知名度の低かった世界遺産地では、交通渋滞、駐車場不足、排気ガスなどの交通問題が発生しました。

 

 「白川郷・五箇山の合掌造り集落」(1995年登録)や、「石見銀山遺跡とその文化的景観」(2007年登録)では、世界遺産登録によって観光客数が急激に増えました。伝統的な歴史的町並みに観光客があふれ、交通問題や、騒音や水質汚染などの環境問題など地域住民へも悪影響が出て大きな問題となりました。

 

そこで、パーク・アンド・ライド、或は、パーク・アンド・ウオークの方式を採用しました。世界遺産地近くに駐車場を整備し、そこにマイカーや観光バスを駐車させてシャトル・バスや徒歩で世界遺産の核心地域に向かう交通規制システムのことで、この対応策によって交通問題を回避しています。

 

「中国大運河」においても、運河沿いに歩道や自転車道を整備し「環境に優しい遺産観光」を促進すべきだと思います。

また、駐車場内には、世界遺産のガイダンス施設を建設、そこが案内所や学びの場となる機能を兼ね備え、世界遺産の価値を損なわないための様々な工夫をしています。

 

世界遺産の周辺の景観についても問題があります。「広島の平和記念碑(原爆ドーム)」や「古都京都の文化財」の宇治の平等院で、バッファーゾーン近くにマンションや商業ビルが建設され景観問題になりました。この様な景観問題等が起こらない様に、各自治体での条例の制定や広目のバッファー・ゾーンを設定しておくことが大切です。

 

日本においても、県をまたがるシリアル・ノミネーションの登録が増えています。青森県と秋田県にまたがる「白神山地」、京都府と滋賀県にまたがる「古都京都の文化財(京都市、宇治市、大津市)」、岐阜県と富山県にまたがる「白川郷・五箇山の合掌造り集落」、和歌山県、奈良県、三重県の3県にまたがる「紀伊山地の霊場と参詣道」、山梨県と静岡県にまたがる「富士山―信仰の対象と芸術の源泉―」、岩手県、静岡県、山口県、福岡県、長崎県、佐賀県、熊本県、鹿児島県の8県にまたがる「明治日本の産業革命遺産―製鉄・製鋼、造船、石炭産業―」、そして、今年登録された世界の7か国の複数国にまたがる「ル・コルビュジェの建築作品―近代化運動への顕著な貢献―」の17の構成資産の一つである「国立西洋美術館」です。

 

このように、複数の自治体や国にまたがる世界遺産は、それぞれの自治体(国)での法律や条例などが異なることから、共通の保護体制をとることが困難な場合が多いのですが、共通のロゴなどのサイン、案内板の設置などの工夫で世界遺産の保存管理に対応しているようです。

 

6つの省と18市の広範な地域を貫く豊かな文化と偉大な価値を有する「大運河」においても、各自治体間の緊密な交流と協力を高めることが必要です。

 

また、「明治日本の産業革命遺産―製鉄・製鋼、造船、石炭産業―」の構成資産の中には、現在も稼働を続けている「稼働遺産」も含まれ、どの様に公開していくかが課題になっています。

 

 次に、「世界遺産と持続可能な観光の発展」です。世界遺産条約の目的は、保存管理が基本ですが、利活用も大切です。

 私は、教育、観光、まちづくりを挙げてきました。「世界遺産と持続可能な観光の発展」においても、世界遺産教育や、まちづくりの考え方が重要だと思います。

 

 世界遺産とは何なのか? また、京杭(ジンハン)「大運河」が、なぜ、世界遺産に登録されたのか、その「顕著な普遍的価値」とは何なのかを世界遺産地のコミュニティ(地域社会)の地元民が理解すること必要です。

 

 日本では、社会教育や学校教育でも、学際的、国際的な「世界遺産」をテーマに取り上げることが多くなりました。 また、行政と住民との協働によるまちづくりにも活かされています。

 

 また、世界遺産登録の意義を再認識する意味でも、「世界遺産の日」や「世界遺産登録〇〇周年」などの事業を実施している自治体が多いです。 私の地元、広島でも「厳島神社」、「原爆ドーム」が世界遺産登録20周年の節目の年を迎え、様々な記念行事が開催されています。

 

 最後に、「観光」の語源は、古代中国の書物「易経」の「観国之光、利用賓于王」(国の光を観るは、用て王に賓たるに利し)との一節によります。世界遺産大国・中国の使命として、「文化の道」或は「文明の道」ともいえる「視覚回廊」、「生きている世界遺産」「大運河」の保存管理と利活用、持続可能な観光の発展のモデル事例やベスト・プラクティス(最善の実践事例)を世界に提示してほしいと思います。

     

 

本稿は、20161021日(金)に中国の杭州市で開催された「第一回中国大運河国際サミット」(杭州市人民政府・中国新聞社共催)での古田陽久の講演要旨です。



 

<参考>

20161021日「世遺專家為大運河保護支招:建設環保型遺旅遊」 中新网 - 中国新网、新浪首香港新浪、壹讀

20161021日世界遺與旅遊開發相矛盾嗎?  每日頭條

20161019日大咖來啦,「星光熠熠」的運河大會後天就開幕 
 每日頭條







 古田 陽久



古田陽久  私と中国
 2002年3月 世界遺産ガイド-中国・韓国編-」を出版。
 2003年3月 日文原著監修「世界遺産Q&A 世界遺産基礎知識」(文化台湾発展協会、行政院文化建設委員会)を出版。
 2003年9月 重慶市の西南師範大学(現西南大学)から「世界遺産研究」で招聘。
 2004年6月 第28回世界遺産委員会蘇州会議にオブザーバー・
ステイタスで出席。
 2005年1月 世界遺産ガイド-中国編-」を出版。
 2005年1月 エッセイ「中国 『世界遺産大国』への予感」(『 まほら』第42号 2005年1月 旅の文化研究所発行)を発表。
 2006年5月~9月 2006年度前期横須賀市市民大学講座で
「中国と朝鮮半島の世界遺産~『顕著な普遍的価値』とその特質・特色~」(全8回)を講義
主催(財)横須賀市生涯学習財団
 2006年5月~9月 2006年度調布市民カレッジで
「中国の世界遺産」(全5回)を講義
主催(財)調布市市民・コミュニティ振興財団
 2006年9月 国家文物局世界遺産陸処長並びに
北京大学考古文博学院呉小紅教授を表敬訪問。
 2007年11月 四川省峨眉山での第3回世界自然遺産会議に参加。“The Sustainable Development of World Natural Heritage-Importance of World Heritage Education-”を発表。
 2009年10月 世界遺産ガイド-中国編-2010改訂版」を出版。
 2011年3月 日本メディア記者取材団のメンバーの一員として、杭州を取材。
 2011年4月12日 【大阪のFM COCOLO765 】
「COCOLO Earth Colors Chinese edition」
(放送エリア 大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県 )のゲスト出演
 2011年6月28日 月刊中国NEWS 2011年8月号(50号)
エッセイ 私と中国 古田 陽久  
「中国から世界遺産を学ぶ」
 2011年6月29日 杭州日報
 2016年10月21日
中国大運河国際サミット 
 
これまでの訪問都市
香港、マカオ、北京重慶、上海、杭州、建徳、紹興、蘇州、呉江、昆山、無錫、南京、
成都、峨眉山、楽山、九寨、西安、昆明、厦門、泉州、福州


 

8.世遗专家为大运河保护支招:建设环保型遗产旅游

首页  文化新闻

世遗专家为大运河保护支招:建设环保型遗产旅游

20161021 18:40 来源:中国新闻网 参与互动

首届中国大运河国际高峰论坛开幕式现场。 张茵 摄

古田阳久在首届中国大运河国际高峰论坛发表演讲。 何蒋勇 摄

  中新网杭州1021日电(记者 王逸飞)21日,首届中国大运河国际高峰论坛在浙江杭州举行。会上,来自多国的专家学者纷纷为世界文化遗产——京杭大运河的保护与利用问题建言献策。其中,世界遗产综合研究所所长古田阳久表示,未来大运河应注意建设环保型遗产旅游、在遗产边缘设置缓冲带等问题,而作为跨区域遗产,沿线的紧密交流合作将成为大运河保护和利用的关键。

  本次中国大运河国际高峰论坛,由中国新闻社、浙江省杭州市人民政府共同主办,杭州市运河集团、中国新闻社浙江分社、杭州市旅游委员会、杭州市西博办共同承办。其以“活世遗·通文脉·游运河”为主题,广邀来自中国、美国、日本、荷兰等国的遗产保护与开发的专家学者和实践者,及运河沿岸城市代表,共同探讨世界遗产的保护开发,推动中国大运河及中国世界文化遗产的可持续发展。

  对于论坛举办地杭州,古田阳久在演讲中直言:“这是我第四次来到杭州,每次我来考察,都会惊讶于这座城市的快速发展,杭州是一座非常适合居住的城市,让人很有亲切感。”

  “我在第三次来到杭州时,去了大运河,乘船看到了这里两岸古老的建筑,还有沿岸的市民生活。当时运河还没有成为世界文化遗产,而我见到它时就认为其日后会成为世界文化遗产。因为它拥有2500年历史,流经很多城市,长度非常之长,并且这里沿岸有人居住,是‘活’的运河,它是与长江、黄河文明联系在一起的,具有悠久的历史文化内涵。”古田阳久说。

  在这座令他倍感亲切的城市,在让他印象颇深的大运河边,古田阳久也结合日本的世界遗产保护经验,对未来中国京杭大运河的保护及利用提出了自己的建议。

  “日本的世界遗产地的共同点是,在列入世界遗产后的前后几年由于游客急速增长产生的旅游压力问题特别显著,会发生交通堵塞、缺乏停车场、废气排放、水质污染等问题。后来日本采用了停放车辆后换乘公交车进入,或停放车辆进入的措施。在世界遗产地附近设置停车场,通过在这里停放私家车,乘坐观光汽车或走路到世界遗产核心地区来规避交通问题。”他介绍。

  古田阳久说:“我希望中国能够导入这些,就中国大运河来说,在运河边开通步行道、自行车道,加强环保型遗产旅游是很有必要的。另外,在停车场内建造世界遗产的游客中心,在游客中心设置世界遗产地游玩介绍、文化知识介绍等功能,是我们必须想到的一些问题。”

  他还指出,世界遗产地边缘也存在着很多问题。“在广岛的和平纪念碑,古都文化遗产等缓冲地带附近建起了公寓、商业楼等,导致了边缘地问题。为了避免这种问题的出现,各地区应制订条例,设定宽阔的缓冲地带是非常重要的。”

  中国京杭大运河流经中国南北18个城市,在古田阳久看来,这样的跨区域世界遗产的管理,还离不开运河沿线各地的共同发力。

  “在日本,跨县系列提名世界遗产地正在增加,由于每个地区的法律条例有所差异,要采用相同的保护体制在很多时候是非常困难的。但可以通过设置共同的标志,导游指示牌等办法来解决世界遗产的管理问题。流经618市、拥有丰富文化和巨大价值的大运河,其提高各地的紧密交流与协作是非常有必要的。”他说。

  在发言最后,古田阳久也再次强调了他对于世界遗产的态度。“在不远的将来,中国会成为拥有世界遗产数量最多的国家。但是世界遗产不是竞争数量,其本质是保护并能传承下去。所以从这种意义上来说,我们不单单是要热爱世界遗产,还要考虑怎样保护才是最重要的。”()





参考文献
世界遺産データ・ブック -2017年版 
世界遺産ガイド-日本編-2017改訂版 
世界遺産ガイド-中国編-2010改訂版
世界遺産事典 -1052全物件プロフィール-2017改訂版
世界遺産ガイド -ユネスコ遺産の基礎知識-
世界遺産キーワード事典 2009改訂版
世界遺産ガイド -文化遺産編-2016改訂版
世界遺産ガイド -文化的景観編-
世界遺産ガイド -北東アジア編 -
世界遺産入門 -平和と安全な社会の構築-

















世界遺産と総合学習の杜に戻る
出版物ご購入のご案内に戻る
出版物のご案内に戻る
シンクタンクせとうち総合研究機構のご案内に戻る
世界遺産総合研究所のご案内に戻る

世界遺産情報館に戻る
 
誇れる郷土館に戻る