私が生まれ育ったまち呉の思い出





 私は、「水兵と職工と商人のまち」呉(くれ)に生まれた。横浜では、「桜木町事件」のあった日であった。

 私は、高校卒業までの18年間を、両城という住宅のまちで育った。両城には急傾斜地が多く、「階段住宅」「二百階段」「七曲り」でも有名であり、しばしば、映画やテレビのロケ地にもなってきた。


 自然環境も豊かで、小さい頃には、八畳岩、一本松、砲台山などの里山や瀬戸内海が眼下に展開する農道などで遊んでいた。団塊の世代は、両城地区も例外ではなく、大家族、多子の賑わいがあった。

 当時は、戦時中の防空壕も数多く残っており、遊び場にもなっていた。

 両城地区は、昭和初期に民間で開発され、「階段住宅」は施工された住宅団地である。平地の少ない呉市では住宅の適地が少なく、海軍関係者の住宅需要を前提に、崖のような急傾斜地も宅地化された。

 特に、両城の「二百階段」で知られる両城地区には、みごとな石垣のうえに建てられた住宅がまとまって残っている。これらは和風の建物と洋館をつなぎあわせた、当時流行した形のものもあり、戦災をまぬがれ今なお往時のたたずまいを伝えている。

「階段住宅」には、戦時中は、海軍の幹部の官舎、戦後は、企業、官庁、学校などの管理職の社宅などが立地した。

 また、教育熱心なまちで、大学進学率も高く、奥原義人氏(元呉市長、呉信用金庫理事長)、草道昌武氏(京都大学→日商岩井)、奥原信也氏(慶應義塾大学→広島県議会議員)、小早川正昭氏(慶應義塾大学→日本テレビ)、杉峰英憲氏(京都大学→奈良女子大学教授)など多くの優秀な人材を輩出している。

 今では、空地や空家が目立つ両城のまちになってしまった。私の育った実家も、普段は、空家となっているが、私にとっては、
「心のふるさと」であり、安息の場所として、そして、戦禍をまぬがれた昭和初期の民家なので、大切に保存し活用していきたいと考えている。

 私の実家は、七曲りの上段部の石垣の上に建っている木造の日本家屋で、屋根は石州瓦(2012年に改修済み)、二重屋根、白壁、赤レンガの外塀、母家へは石段になっている。
 何よりも嬉しかったのは、私の実家の赤レンガの塀や親父が町内会の人たちと植えた桜の木々に咲く桜花がNHK総合の番組で取り上げられ全国放送されたことだ。私も、番組内のインタビューで登場している。


NHK総合 「ゆうどき」<行ってみたい>『レンガが息づく港町(広島県呉市)』
 (2014年4月11日)
NHK総合「ウイークエンド関西」「西日本の旅」レンガが息づく町〜広島県呉市〜
 (2014年4月5日
NHK総合「おはようちゅうごく」「西日本の旅」レンガが息づく町〜広島県呉市〜
 (2014年4月5日)
NHK総合「おはよう四国」「西日本の旅」レンガが息づく町〜広島県呉市〜
 (2014年4月5日)
NHK総合「おはようサタデー九州沖縄」「西日本の旅」レンガが息づく町〜広島県呉市〜(2014年4月5日)
RCCテレビ「お宝ハンターくれきん団」〜生活に根付くレンガ色の風景〜
 (2016年4月22日)


 私の家から上を見上げると呉市立両城中学校、「二百階段」、また、農道へ行く途上では、呉湾、それに、呉市内を見渡すことができる。

 また、更に、里山の両城山には、広島新四国八十八ケ所霊場 第四十八番「両城山」の「観音寺」がある。古くから、両城山には、弘法大師を祀る堂があったといわれている。

 明治20年に呉海軍鎮守府が設置された時、初代長官の中牟田倉之助が、鎮護国家、海上安全等を願って、仏像等を勧請している。




呉湾を望む

                                                               



農道から呉湾、両城墓地を望む



江田島、クレイトンベイホテル、両城墓地


呉市内を望む




灰ガ峰を望む


広島新四国八十八か所霊場 第48番 観音寺




母校



七曲りと父親等が植えた両城桜



映画「海猿」のロケ地にもなった二百階段



急傾斜地に建つ民家



両城の谷間



両城・古田ガレージ



空地が目立つ



石州瓦が見事



急傾斜地に建つ民家群





石州瓦、白壁、赤煉瓦の塀、石垣、石段のある古民家




婉曲した赤煉瓦の塀、石垣の建造技術は見事




赤煉瓦の塀、石垣、石段




解説坂




「古田家の赤レンガ塀と石垣」解説板




「西日本の旅」レンガが息づく町 撮影風景等


市政だより 2016年11月号















世界遺産と総合学習の杜に戻る
シンクタンクせとうち総合研究機構のご案内に戻る
世界遺産総合研究所のご案内に戻る
21世紀総合研究所に戻る
世界遺産情報館に戻る
誇れる郷土館に戻る