熊本・緑川流域の石橋群をユネスコ世界遺産に!






 緑川は、熊本県の中央部、熊本平野を貫流している河川である。その水源は、山都町の三方山(標高1578m)に発し、中流部の御船川や下流部の加勢川、浜戸川、天明新川などを合わせながら、有明海に注いでいる。

 緑川の流域には、山地、森林、平野、湖沼、干潟など様々な自然環境と田や畑などの農業風景が展開し、そこには、多様な生物と素朴な人間の生活が息づいている。また、この地域は、鎌倉時代から様々な治水事業が行われ、現在もその遺構が数多く残され引き継がれてきている。

 なかでも、この緑川流域には、国の重要文化財に指定されている通潤橋や霊台橋をはじめとする80基を超える大小様々な個性的なアーチ式の石橋(目鑑橋)が残っており、熊本県下にある約320基を代表するシリアルな集積は見事である


 緑川流域の石橋群は、

 1)この地域の急峻な地形
 2)阿蘇山の噴火によってもたらされた熔結凝灰岩の石材
 3)布田保之助の様な構想力を持ったリーダーの存在
 4)江戸時代後期に長崎から伝わったといわれるアーチ式石橋(眼鏡橋)を架ける石工の匠の技
 5)村の豊かな暮らしを願う惣庄屋が多くいた
 6)地域住民の協力と理解

がこれらの連続的な石橋の立地を可能にしたものと思われる。

 なかでも、通潤橋は、江戸時代に石で造られた日本最大のアーチ式の水道橋である。水不足に悩んでいた白糸台地に農業用水や生活用水を送る為に、矢部の惣庄屋、布田保之助らが1852年(嘉永5年)に着工、1854年(安政元年)に完成した緑川流域の石橋群を代表するシンボリックな石橋で、その放水シーンは絵の様に美しい。
 約6km離れた笹原川の上流から水を引き、水路の総延長は約30km、灌漑面積は約42haにも及び、通潤橋の完成後に約100haもの新しい水田が開墾されたといわれる。

 緑川流域の石橋群は、台風や梅雨時の度重なる洪水から地域住民を守り、また、生活や農業の用水として活用をはかる為、多くの先人が知恵と技術を結集して、江戸時代後期から明治時代前期に建造した石橋の建造物群であり、当時の建築・土木技術の粋を凝らした傑作であるともいえる文化遺産である。

 その根拠としては、

 一つは、野津石工の三五郎(のちの岩永三五郎)、種山石工の宇助、宇市、丈八(のちの橋本勘五郎)などの創造的天才(匠)の技と工夫を表わす作品であること。

二つは、石橋の建造技術は、江戸時代後期に長崎から伝わったとされ、その技術のノウハウが、その後、東京の「万世橋」や「浅草橋」など日本各地での石橋の建造へと発展したことなど人類の価値の重要な交流を示していること。

三つは、肥後の石工の技術の集積があったことなどにより、緑川流域に石橋群が数多く建造されたこと、また、通潤橋や霊台橋などの石橋の景観がこの地域の自然環境や田園景観と見事に融合していることなど江戸時代後期から明治時代前期にかけて、日本の近代産業の黎明期の前後ともいえる重要な時代を例証するものであること。

四つは、緑川の急な流れや深い渓谷など流域の困難な地形的特徴を生かした土地利用の顕著な事例であること、また、通潤橋に代表される様に、水不足に悩んでいた白糸台地に農業用水や生活用水を送るなど環境と人間との相互作用を表わしていること。

 五つは、これらの歴史と伝統が、日本の原風景ともいえる農村の文化的景観を、それに、清和文楽などの郷土芸能の文化空間を形成し独自の地域風土を醸成している。有形と無形の文化が見事に融合した失われてはならない、かけがえのない人間の所産であり、人類にとっても保存すべき、アジアを代表する石橋群がある農村風景である。


 一 春風清か 霊台橋に  
   船津峡の 桜が吹雪く
   過ぎゆく歳月よ 町は変れど  
   砥用の石橋 昔のままで
  
   この町に生まれ 育ったわたし  
   肥後の緑川は心のふるさと 
   誇れる石橋の町

 二 水音爽やか 通潤橋を  
   矢部の川辺に 陽炎もえる
   清和の村も 山都の町に  
   白糸台地に 木魂す槌音

   この町に生まれ 育ったわたし  
   肥後の緑川は心のふるさと 
   誇れる石橋の町

 三 君を見送る 二俣橋の  
   福良渡が 心に懸かる
   別れる人よ また会う日まで  
   中央の思い 美里に継いで

   この町に生まれ 育ったわたし  
   肥後の緑川は心のふるさと 
   誇れる石橋の町

 


(追記)1.文化審議会(石澤良昭会長)は、2008年5月16日、「通潤用水と白糸台地の棚田景観」(熊本県山都町)を重要文化的
     景観に選定、渡海文部科学相に答申した。





 シンクタンクせとうち総合研究機構 事務局 sri@orange.ocn.ne.jp








通潤橋(熊本県)









世界遺産と総合学習の杜に戻る
シンクタンクせとうち総合研究機構のご案内に戻る
世界遺産総合研究所のご案内に戻る
出版物のご案内に戻る
出版物ご購入のご案内に戻る