クイズ休憩室<日本学科>





世界遺産学科   設 問 


設問1  平成14年度大学入試センター試験 
 公民 現代社会に出題された問題



                     正 解

 


設問2  下記の英文は,ユネスコの「世界の文化遺産および自然遺産の保護に関する条約」(いわゆる世界遺産条約)の前文です。この条約の意図するところを,200字以内で説明しなさい。




The General Conference of the United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization meeting in Paris from 17 October to 21 November 1972, at its seventeenth session,
Noting that the cultural heritage and the natural heritage are increasingly threatened with destruction not only by the traditional causes of decay, but also by changing social and economic conditions which aggravate the situation with even more formidable phenomena of damage or destruction,

Considering that deterioration or disappearance of any item of the cultural or natural heritage constitutes a harmful impoverishment of the heritage of all the nations of the world,

Considering that protection of this heritage at the national level often remains incomplete because of the scale of the resources which it requires and of the insufficient economic, scientific, and technological resources of the country where the property to be protected is situated,

Recalling that the Constitution of the Organization provides that it will maintain, increase, and diffuse knowledge, by assuring the conservation and protection of the world's heritage, and recommending to the nations concerned the necessary international conventions,

Considering that the existing international conventions, recommendations and resolutions concerning cultural and natural property demonstrate the importance, for all the peoples of the world, of safeguarding this unique and irreplaceable property, to whatever people it may belong,

Considering that parts of the cultural or natural heritage are of outstanding interest and therefore need to be preserved as part of the world heritage of mankind as a whole,

Considering that, in view of the magnitude and gravity of the new dangers threatening them, it is incumbent on the international community as a whole to participate in the protection of the cultural and natural heritage of outstanding universal value, by the granting of collective assistance which, although not taking the place of action by the State concerned, will serve as an efficient complement thereto,

Considering that it is essential for this purpose to adopt new provisions in the form of a convention establishing an effective system of collective protection of the cultural and natural heritage of outstanding universal value, organized on a permanent basis and in accordance with modern scientific methods,

Having decided, at its sixteenth session, that this question should be made the subject of an international convention,

Adopts this sixteenth day of November 1972 this Convention.



設問3  ユネスコ世界遺産の価値概念に「顕著な普遍的価値」(Outstanding Universal Value)という言葉がありますが,この言葉の意味するところを,200字以内で説明しなさい。




設問4  「危機にさらされている世界遺産リスト」に登録されている,いわゆる危機遺産について,例を一つあげ,その物件が危機にさらされた原因や理由について,100字以内で説明しなさい。




設問5  「世界遺産リスト」への登録物件は,世界遺産条約を締結している締約国に限られ,また,恒久的な保護管理措置が担保されていることが世界遺産の登録要件の一つである。しかしながら,世界遺産条約を締約していない国や地域の,或は,世界遺産条約を締約していても保護管理措置に問題や課題がある「顕著な普遍的価値」を有する自然環境や文化財こそ,国際機関であるユネスコが「危機にさらされている世界遺産リスト」に登録し保護管理措置を講じ守っていくべきという考え方があるが,この点について,あなたはどの様に考えるか300字以内で,あなたの考えを述べなさい。(本問は正解を求めるものではなく論旨が一貫していれば正解とします)






設問6  知床のオホーツク海域では、年々、スケソウダラの個体数が減少している。知床の世界遺産登録に関わるIUCN(国際自然保護連合)の評価レポートの中で、「絶滅危惧種であるトド(海棲哺乳類)の餌であるスケソウダラの個体数の減少が危惧される」としている。一方、スケソウダラの漁業者は、年々、漁獲量が減少している原因として、害獣トドによる被害や密漁船による乱獲をあげている。この様に、立場によって見解は異なるが、あなたは、この点についてどのように考えるか。また、日本の場合、トドを種の保存の視点ではなく、水産資源の視点で、駆除数を減らすことで保護している。従って、水産資源であるから、トド丼(どんぶり)や缶詰などにして、特産品的に扱っている。これらの現実をIUCNの調査員などが空港等で見かけた時、どの様に思うだろうか、あなたの考えを述べなさい。











世界遺産と総合学習の杜に戻る

シンクタンクせとうち総合研究機構のご案内に戻る
世界遺産総合研究所のご案内に戻る
出版物のご案内に戻る
出版物ご購入のご案内に戻る
世界遺産資料館に戻る