世界遺産ガイド−生態系編−





世界遺産ガイド−生態系編−  

監修

古田陽久、古田真美

企画・編集 世界遺産総合研究所

発行

シンクタンクせとうち総合研究機構

定価

本体2500円 + 税

ISBN

ISBN978-4-86200-186-3

発行

2014年5月15日

判型

A5

頁数

144ページ


当シンクタンクの書籍の注文について

本書の注文について

日本図書館協会選定図書館
全国学校図書館協議会選定図書




本書の特色】世界自然遺産のうち、代表的な「生態系」を紹介

本書は、ユネスコの世界自然遺産の登録基準のうち、世界を代表する重要な生態学的、生物学的なプロセスを示す「生態系」(エコシステム)の価値が認められたものを特集。自然環境が形成した生命の循環をつくりだす「生態系」の維持と持続可能な保全について考える。

【目  次】

  はじめに 

  世界自然遺産の概要 

   □ 定義 10           

   □ ユネスコと世界遺産 18 

   □ 世界遺産条約に関連する他の国際条約や計画 19    

   □ 世界自然遺産(含む世界複合遺産)の数 20           

   □ 世界自然遺産(含む世界複合遺産)登録物件数上位国 21    

   □ 世界自然遺産(含む世界複合遺産)分布図 22-23   

   □ 世界自然遺産(含む世界複合遺産)委員会回次別登録物件数の推移 24           

   □ 世界遺産委員会回次別登録物件数の内訳 25           

   □ 世界遺産登録と「顕著な普遍的価値」の証明について 26-27

   □ 顕著な普遍的価値 28    

   □ 世界自然遺産 登録基準 29        

   □ 完全性 30        

   □ 世界遺産を取り巻く危険や脅威 31           

   □ 危機にさらされている世界自然遺産 物件名と登録された理由 32    

   □ 危機にさらされている世界自然遺産 登録・解除の推移 33 

   □ 危機にさらされている世界自然遺産 分布図 34-35

   □ 世界遺産委員会への諮問機関IUCN 38       

   □ Udvardy の世界の「生物地理地区」の分類 39        

   □ 世界自然遺産の多様性 40-45       

   □ 面積規模上位30 46       

   □ IUCNの管理カテゴリー 47          

   □ IUCNの評価手続き 48   

   □ IUCNの評価レポートの項目 49   

   □ 優先的な登録が望ましい地域 50 

   □ 日本と同緯度地域にある世界自然遺産(含む世界複合遺産) 51        

   □ 世界自然遺産 登録パターン 52-54          

   □ WWFエコリージョン(生態圏域) 55       -57

   □ キーワード 58 

   □ 略語 59           

  世界自然遺産のうち、代表的な「生態系」

   □ 世界自然遺産のうち、生態系の登録基準(ix)が適用されているもの 62

            大地溝帯のケニアの湖水システム(ケニア) 66

            ロペ・オカンダの生態系と残存する文化的景観(ガボン) 68

            ナミブ砂海(ナミビア) 70

            サンダーバンズ(バングラデシュ) 72

             キナバル公園(マレーシア) 74

             トゥバタハ珊瑚礁群自然公園(フィリピン) 76

            スマトラの熱帯雨林遺産(インドネシア)★ 78

            白神山地(日本) 80

            小笠原諸島(日本) 82

            知床(日本) 84

            屋久島(日本) 86

            イースト・レンネル(ソロモン諸島)★ 88

            西オーストラリアのシャーク湾(オーストラリア) 90

           グレート・バリア・リーフ(オーストラリア) 92

            ニューカレドニアのラグーン群:珊瑚礁の多様性と関連する生態系群

       (フランス領ニューカレドニア) 94

            スルツェイ島(アイスランド) 96

              カルパチア山脈の原生ブナ林群とドイツの古代ブナ林群

       (ウクライナ/スロヴァキア/ドイツ) 98

            ウフス・ヌール盆地(ロシア連邦/モンゴル) 100

            バイカル湖(ロシア連邦) 102

            西コーカサス(ロシア連邦) 104

            エバーグレーズ国立公園(アメリカ合衆国)★ 106

            ロス・カティオス国立公園(コロンビア)★ 108

            リオ・プラターノ生物圏保護区(ホンジュラス)★ 110

            ベリーズ珊瑚礁保護区(ベリーズ)★ 112

            ガラパゴス諸島(エクアドル) 114

            カナイマ国立公園(ヴェネズエラ) 116

             中央アマゾン保護区群(ブラジル) 118

            セラード保護地域:ヴェアデイロス平原国立公園とエマス国立公園(ブラジル)  120



  日本の世界自然遺産とポテンシャル・サイト

   □ 日本の世界自然遺産・暫定リスト記載物件 分布図 124

   □ 日本の世界自然遺産 知床、白神山地、屋久島、小笠原諸島 125

   □ 日本の世界自然遺産 世界自然遺産への登録フロー・チャート 126

   □ 日本の世界自然遺産 世界遺産条約締約後の自然遺産関係の主な動き 127

   □ 日本の世界自然遺産 ポテンシャル・サイト  今後の有望物件 128

   □ 日本の世界自然遺産 ポテンシャル・サイト  奄美・琉球 129-132

   □ 日本の世界自然遺産 ポテンシャル・サイト  国立公園・国定公園 133

   □ 日本の世界自然遺産 ポテンシャル・サイト  原生自然環境保全地域・自然環境保全地域 134

   □ 日本の世界自然遺産 ポテンシャル・サイト  森林生態系保護地域 135

   □ 日本の世界自然遺産 ポテンシャル・サイト  ユネスコ生物圏保護区 136

   □ 日本の世界自然遺産 ポテンシャル・サイト  ラムサール条約登録湿地 136

   □ 日本の世界自然遺産 ポテンシャル・サイト  国連保護地域リスト・指定地域 137















世界遺産シリーズに戻る
世界遺産と総合学習の杜に戻る
シンクタンクせとうち総合研究機構のご案内に戻る
世界遺産総合研究所のご案内に戻る
世界遺産情報館に戻る
出版物のご案内に戻る
出版物ご購入のご案内に戻る