世界遺産ガイド−世界遺産登録をめざす富士山編−




世界遺産ガイド−世界遺産登録をめざす富士山編−  

編者

古田陽久古田真美

企画・編集 世界遺産総合研究所

発行

シンクタンクせとうち総合研究機構

定価

2,500円(本体2,381円)

ISBN

978-4-86200-153-5

発行

2010年11月23日

判型

A5

頁数

128ページ


当シンクタンクの書籍の注文について

注文

日本図書館協会選定図書
全国学校図書館協議会選定図書




【本書の特色】富士山を世界遺産登録する意味と意義を考える

富士山は、アジアを代表する聖山の一つで、日本のシンボルでありランドマークでもある。しかし、信仰の山として、また、芸術の

モチーフにもなった富士山を取巻く環境や景観は、大きく変貌している。

富士山と人間との共存、共生、交流のあるべき姿を再考し、富士山をあらゆる脅威や危険から守っていかなければならない。



【目  次】

 ■富士山の概要 5

            d富士山に関わる事柄の略史 17

 ■富士山の「顕著な普遍的価値」について 15 

            d世界遺産の「顕著な普遍的価値」と価値の証明 17

            d世界遺産登録をめざす富士山の「顕著な普遍的価値」の証明について 18

 ■富士山が該当すると思われる「登録基準」とその根拠 21 

 ■富士山の「真正性」(真実性) 25 

 ■富士山の「完全性」 29 

            d「文化的景観」の完全性と喪失について 31

 ■富士山と「他の類似物件との比較」 33 

            d泰山 36

            d五台山 38

              d「天地の中心」にある登封の史跡群 40

              d黄山 42

              d武夷山 44

              d廬山国立公園 46

              d済州火山島と溶岩洞窟群 48

              dウルル-カタ・ジュタ国立公園 50

              dトンガリロ国立公園 52


              h日本の世界遺産と暫定リスト記載物件など 54


 ■富士山を取巻く脅威や危険 57 

            d世界遺産を取巻く脅威、危険、危機 59

 ■富士山の保存管理 61 

              d世界遺産のコア・ゾーンとバッファー・ゾーン 65

 ■富士山の利活用 67 

 ■ユネスコの世界遺産暫定リストへの記載内容 75

              d登録推薦書類への記載項目 78

 ■富士山は世界遺産になれるのか? 81

            d世界遺産登録のフローチャート 84

            d2013年の世界遺産登録をめざす場合のタイム・テーブル 85

 ■富士山に関する文献等のデータ 87

 ■山梨県の概要 97

 ■静岡県の概要 105

 ■富士山の自然遺産としての価値評価 115

            d「文化的景観」と「複合遺産」との違い 119

 ■索引 121























世界遺産シリーズに戻る
世界遺産と総合学習の杜に戻る
シンクタンクせとうち総合研究機構のご案内に戻る
世界遺産総合研究所のご案内に戻る
世界遺産情報館に戻る
出版物のご案内に戻る
出版物ご購入のご案内に戻る