世界遺産概論 下巻





世界遺産概論 下巻  

著者

古田陽久

企画・編集 世界遺産総合研究所

発行

シンクタンクせとうち総合研究機構

定価

2,100円(本体2,000円)

ISBN

978−4−86200−117−7

発行

2007年1月31日

判型

A5

頁数

128ページ


当シンクタンクの書籍の注文について

本書の注文について

全国学校図書館協議会選定図書




【本書の特色】世界遺産の基礎的事項をわかりやすく解説

本書は、ユネスコの「世界遺産」とは何なのか、先人から受け継いできた、かけがえのない人類共通の財産を未来へ継承していくことの大切さなど、世界遺産条約の目的や趣旨等を、内外の多様な世界遺産を題材に、豊富なデータに基づいて、わかりやすく解説。

【目  次】 −上巻−

 ■はじめに 6

 ■ユネスコと世界遺産 19

 ■世界遺産条約 33

 ■世界遺産の登録要件 45

  事例研究 「知床」(日本) 46

 ■自然遺産 59

  事例研究 「グレート・バリア・リーフ」(オーストラリア) 60

 ■文化遺産 75

  事例研究 「万里の長城」(中国) 76

 ■文化的景観 95

  事例研究 「紀伊山地の霊場と参詣道」(日本) 96

 ■複合遺産 109

  事例研究 「マチュ・ピチュの歴史保護区」(ペルー) 110

【目  次】 −下巻−

 ■危機遺産(1) 5

  事例研究 「聖都エルサレム」(ヨルダン推薦) 6

 ■危機遺産(2) 19

  事例研究 「ケルンの大聖堂」(ドイツ) 20

 ■世界遺産の保存と活用 35

  事例研究 「アンコール」(カンボジア) 34

 ■日本の世界遺産 47

  事例研究 「白川郷・五箇山の合掌造り集落」(日本) 48

 ■日本の世界遺産暫定リスト 63

  事例研究 「石見銀山遺跡」(日本) 64

 ■日本の世界遺産登録運動 79

  事例研究 「富士山」(日本) 80

 ■おわりに 94

 ■世界遺産概論 習熟理解度テスト 97

















世界遺産シリーズに戻る
世界遺産と総合学習の杜に戻る
シンクタンクせとうち総合研究機構のご案内に戻る
世界遺産総合研究所のご案内に戻る
世界遺産情報館に戻る
出版物のご案内に戻る
出版物ご購入のご案内に戻る