世界無形文化遺産ガイド−人類の口承及び無形遺産の傑作編−2004改訂版


 





世界無形文化遺産ガイド−人類の口承及び無形遺産の傑作編−2004改訂版 表紙  

監修

古田陽久,古田真美

企画・構成 21世紀総合研究所

編集

世界遺産総合研究所

発行

シンクタンクせとうち総合研究機構

定価

2,100円(本体2,000円)

ISBN

4-916208-90-0 C1570

発行

2004年5月15日

判型

A5

頁数

128ページ


注文




【本書の特色】ユネスコの世界無形文化遺産を特集

ユネスコの世界遺産と共に注目されているのが,文化空間,伝統的知識,口承による伝統,芸能,伝統音楽,儀式及び祭礼などの無形文化遺産を対象とした「人類の口承及び無形遺産の傑作」。本書では,2001年5月に選定された19件(20か国)と,2003年11月に新たに選定された28件 (30か国)を加えた世界無形文化遺産47件の概要を紹介する。


【目  次】  

■ユネスコ「人類の口承及び無形遺産の傑作」趣旨概要    

 ロ準拠する勧告 6     
 ワ実施ガイドライン 6     
 ン背 景 6     
 ゙目 的 6     
 ゚これまでの経緯 6     
 煢桾蜻ホ象 6     
 瘟桾蝠法 7     
 竕桾蜴相i 7     
 辮R査手順 7     
 芬桝O審査 7    
 蜊総ロ選考委員会 7    
 鞫I考基準 8    
 邇末ア局 8    
 關「界遺産との違い 8    
 驍が国のこれまでの経緯と対応 8    
 黷が国の暫定リスト記載物件 9    
 わが国の今後の課題 9    
 第3回「人類の口承及び無形遺産の傑作の宣言」 9    
 今後の方向性 9    
 当シンクタンクの活動 9    
d
 「人類の口承及び無形遺産の傑作の宣言」リスト 10     
  b回次別分類 10     
  b地域別分類 11     
  bカテゴリー別分類 12    

 d世界遺産と「人類の口承及び無形遺産の傑作」との比較 13    
 dユネスコ「人類の口承及び無形遺産の傑作」分布図 14-15  


■ユネスコ「人類の口承及び無形遺産の傑作」物件概要

bThe Cultural Space of 'Sosso-Bala' in Niagassola(ニアガッソラのソッソ・バラの文化空間)  ギニア  18

bThe Gbofe of Afounkaha : the Music of the Transverse Trumpets of the Tagbana Community (アフォンカファのグボフェ:タグバナ族の横吹きトランペット音楽)   コートジボワール  20

bThe Oral Heritage of Gelede(ゲレデの口承遺産)  ベナン<ナイジェリアとトーゴが支持>  22

bThe Oral Traditions of the Aka Pygmies of Central Africa (中央アフリカのアカ・ピグミーの伝承) 中央アフリカ  24

bWoodcrafting Knowledge of the Zafimaniry (ザフィマニリの木彫知識) マダガスカル  26

bThe Cultural Space of Djamaa el-Fna Square(ジャマ・エル・フナ広場の文化空間)モロッコ  28  

bThe Al-Sirah al-Hilaliyya Epic(アル・シラー アル・ヒラリヤの叙事詩) エジプト  32

bIraqi Maqam(イラクのマカーム) イラク  34

bSongs of Sanaa(サナアの歌) イエメン  36  

bThe Cultural Space of the Boysun District(ボイスン地域の文化空間) ウズベキスタン  40

bShashmaqom Music(シャシュマカムの音楽) ウズベキスタン,タジキスタン  42

bThe Art of the Akyns, Kirghiz Epic Tellers (キルギスの叙事詩の語り部アキンの芸術) キルギス  44

bKuttiyattam Sanskrit Theatre(クッティヤターム サンスクリット劇) インド  46

bThe Tradition of Vedic Chanting(ヴェーダ吟唱の伝統) インド  48

bThe Royal Ballet of Cambodia(カンボジアの王家の舞踊) カンボジア  50

bNha Nhac, Vietnamese Court Music (ヴェトナムの宮廷音楽,ニャー・ニャック) ヴェトナム  52

bHudhud Chants of the Ifugao(イフガオ族のフドフド詠歌) フィリピン  54  

bWayang Puppet Theatre(ワヤンの人形劇) インドネシア  58

bThe Traditional Music of the Morin Khuur(馬頭琴の伝統音楽) モンゴル  60

bKunqu Opera(昆劇) 中国  62

bThe Art of Guqin Music(古琴音楽) 中国  64

bRoyal Ancestral Rite and Ritual Music in Jongmyo Shrine(宗廟の祭礼と祭礼楽) 韓国  66  

bThe Pansori Epic Chant(パンソリの演唱) 韓国  70

bNogaku Theatre(能楽) 日本  72

bNingyo Johruri Bunraku Puppet Theatre(人形浄瑠璃文楽) 日本 74

bLakalaka, Dances and Sung Speeches of Tonga (トンガの舞踊と歌唱,ラカラカ) トンガ  76

bVanuatu Sand Drawings(ヴァヌアツの砂絵) ヴァヌアツ  78

bThe Arts of the Meddah, Public Storytellers(大衆語り部,メッダの芸術) トルコ  80

bOpera dei Pupi, Sicilian Puppet Theatre (オペラ・デイ・プーピ,シチリアの操り人形劇) イタリア  82

bThe Mystery Play of Elche(エルチェの神秘劇) スペイン  84

bThe Carnival of Binche(バンシュのカーニバル) ベルギー  86

bAzerbaijani Mugham(アゼルバイジャンのムガーム) アゼルバイジャン  88

bGeorgian Polyphonic Singing(グルジアの多声合唱) グルジア  90

bThe Kihnu Cultural Space(キーヌ地方の文化空間) エストニア  92

bThe Baltic Song and Dance Celebrations (バルト諸国の歌と踊りの祭典) ラトヴィア,エストニア,リトアニア  94

bCross Crafting and its Symbolism in Lithuania(リトアニアの十字架工芸とそのシンボル)  リトアニア<ラトビアが支持>  96

bThe Cultural Space and Oral Culture of the Semeiskie(セメイスキエの文化空間と口承文化)  ロシア連邦  98

bThe Indigenous Festivity dedicated to the Dead(死者に捧げる土着の祭礼) メキシコ  100

bThe Garifuna Language, Dance and Music(ガリフナの言語,舞踊,音楽)  ベリーズ<ホンジュラスとニカラグアが支持>  102

bLa Tumba Francesa, Music of the Oriente Brotherhood (トゥンバ・フランセサ,オリエンテ地方の同胞音楽) キューバ  104

bThe Maroon Heritage of Moore Town(ムーアの町のマルーン遺産) ジャマイカ  106

bThe Cultural Space of the Brotherhood of the Holy Spirit of the Congos of Villa Mella (ヴィッラ・メラのコンゴの聖霊兄弟会の文化空間) ドミニカ共和国  108

bThe Carnival of Barranquilla(バランキーラのカーニバル) コロンビア 110

bThe Oral Heritage and Cultural Manifestations of the Zapara People (ザパラ人の口承遺産と文化表現) エクアドルとペルー 112

bThe Oruro Carnival(オルロ・カーニバル) ボリヴィア 114

bThe Andean Cosmovision of the Kallawaya(カリャワヤのアンデスの世界観) ボリヴィア  116

bThe Oral and Graphic Expressions of the Wajapi(ワヤピ族の口承と絵画表現) ブラジル  118  


■索 引 121