世界遺産ガイド −南米編−


 


南米の世界遺産を特集




世界遺産ガイドー南米編ー表紙  

監修

古田陽久,古田真美

企画・構成 21世紀総合研究所

編集

世界遺産総合研究所

発行

シンクタンクせとうち総合研究機構

定価

2,100円(本体2,000円)

ISBN

4-916208-76-5 C1526

発行

2003年9月2日

判型

A5

頁数

128ページ


注文

日本図書館協会選定図書




【本書の特色】南米のユネスコ世界遺産を特集


本書は,既刊の「世界遺産ガイドーアメリカ編ー」(1999年6月発刊)を北米,中米,南米の3地域に再編,本書では,南米地域の最新のユネスコ世界遺産を特集する。南米の代表的な自然遺産,文化遺産,複合遺産,危機遺産,それに,付記した人類の口承及び無形遺産の傑作の学習を通じ,この地域の特色と特性を理解したい。


目  次

 ■ユネスコ世界遺産の概要

   ユネスコとは 6 
   世界遺産とは 6 
   ユネスコ世界遺産が準拠する国際条約 6 
   世界遺産条約成立の経緯 6 
   わが国の世界遺産条約の締結 6 
   世界遺産条約の理念と目的 7 
   世界遺産条約の主要規定 7 
   世界遺産委員会 7 
   世界遺産委員会委員国 7 
   世界遺産条約締約国総会の開催歴 8
   世界遺産委員会の開催歴 8         
   世界遺産委員会ビューロー会議の開催歴 9         
   世界遺産条約の事務局と役割 10 
   世界遺産の種類 10 
   危機にさらされている世界遺産(★【危機遺産】 35物件) 12
   世界遺産条約の締約国(176か国)と世界遺産の数(129か国754物件)
    〈地域別・世界遺産条約締約日順〉 14 
   ユネスコ世界遺産への登録要件 19 
   ユネスコ世界遺産の登録基準 19 
   危機にさらされている世界遺産リストへの登録基準 19 
   世界遺産基金 20
   日本のユネスコ世界遺産 21
   今後の日本の世界遺産候補地(暫定リスト登録物件) 22
   今後の世界遺産委員会等の開催スケジュール 22
   ユネスコ世界遺産に登録されるまでの手順 22
   ユネスコ世界遺産の今後の課題 23
   ユネスコ世界遺産を通じての総合学習 23

    世界遺産分布図 24-25


 ■南米の概観

    南米の国と地域 28-29
    南米の世界遺産分布図 30
    南米の世界遺産 31


 ■南米の主な世界遺産

    コロとその港 Coro and its Port(ヴェネズエラ) 34

    カナイマ国立公園 Canaima National Park(ヴェネズエラ) 36

    カラカスの大学都市 Ciudad Universitaria de Caracas(ヴェネズエラ) 38

    カルタヘナの港,要塞,建造物群 Port, Fortresses and Group of Monuments, Cartagena(コロンビア) 40

    ロス・カティオス国立公園 Los Katios National Park(コロンビア) 42

    サン・アグスティン遺跡公園 San Agustin Archaeological Park(コロンビア) 44

    ガラパゴス諸島 Gala´pagos Islands(エクアドル) 46

    サンガイ国立公園 Sangay National Park(エクアドル) 48

    サンタ・アナ・デ・ロス・リオス・クエンカの歴史地区

     Historic Center of Santa Ana de los Rios de Cuenca(エクアドル) 50

    ☆ザパラ人の口承遺産と文化表現
 
     The Oral Heritage and Cultural Manifestations of the Zapara People(エクアドル/ペルー) 52

    クスコ市街 City of Cuzco(ペルー) 54

    マチュ・ピチュの歴史保護区 Historic Sanctuary of Machu Picchu(ペルー) 56

    チャビン(考古学遺跡) Chavin(Archaeological Site)(ペルー) 58

    チャン・チャン遺跡地域 Chan Chan Archaeological Zone(ペルー) 60

    マヌー国立公園 Manu National Park(ペルー) 62

    リマの歴史地区 Historic Centre of Lima(ペルー) 64

    ナスカおよびフマナ平原の地上絵 Lines and Geoglyphs of Nasca and Pampas de Jumana(ペルー) 66

    中央スリナム自然保護区 Central Suriname Nature Reserve(スリナム) 68

    パラマリボ市の歴史地区 Historic Inner City of Paramaribo(スリナム) 70

    オリンダの歴史地区 Historic Centre of the Town of Olinda(ブラジル) 72

    サルバドール・デ・バイアの歴史地区 Historic Centre of Salvador de Bahia(ブラジル) 74

    イグアス国立公園(ブラジル)(アルゼンチン) Iguacu National Park/Iguazu National Park 76

    ブラジリア Brasilia(ブラジル) 78

    セラ・ダ・カピバラ国立公園 Serra da Capivara National Park(ブラジル) 80

    ディアマンティナの歴史地区 Histric Centre of the Town of Diamantina(ブラジル) 82

    ブラジルが発見された大西洋森林保護区 Discovery Coast Atlantic Forest Reserves(ブラジル) 84

    中央アマゾン保護区群 Central Amazon Conservation Complex(ブラジル) 86

    ゴイヤスの歴史地区 Historic Centre of the Town of Goias(ブラジル) 88

    ポトシ市街 City of Potosi(ボリビア) 90

    スクレの歴史都市 Historic City of Sucre (ボリビア) 92

    サマイパタの砦 Fuerte de Samaipata(ボリビア) 94

    ノエル・ケンプ・メルカード国立公園 Noel Kempff Mercado National Park(ボリビア) 96

    ☆オルロ・カーニバル The Oruro Carnival(ボリビア) 98

    ラ・サンティシマ・トリニダード・デ・パラナとヘスス・デ・タバランゲのイエズス会伝道所

     Jesuit Missions of La Santisima Trinidad de Parana and Jesus de Tavarangue(パラグアイ) 100

    コロニア・デル・サクラメントの歴史地区 Historic Quarter of the City of Colonia del Sacramento(ウルグアイ) 102

    ラパ・ヌイ国立公園 Rapa Nui National Park(チリ) 104

    海港都市バルパライソの歴史地区 Historic Quarter of the Seaport City of Valparaiso(チリ) 106

    ロス・グラシアレス Los Glaciares(アルゼンチン) 108

    ヴァルデス半島 Peninsula Valdes(アルゼンチン) 110

    イチグアラスト・タランパヤ自然公園  Ischigualasto/Talampaya Natural Parks(アルゼンチン) 112

    ウマワカの渓谷 Quebrada de Humahuaca (アルゼンチン) 114


 ■南米の暫定リスト記載物件 117


 ■南米の参考資料 121


南米編 キーワード
ラテンアメリカ,ラテン文化圏,ラテン民族,南米,アンデス山脈,熱帯雨林,ギアナ高地,アマゾン盆地,ブラジル高原,セラード,アマゾン川,ラプラタ川,パラナ川,パタゴニア,平原,ヴァルデス半島,先住民,民族,インディオ,インカ文明,地上絵,遺跡,遺跡地帯,遺跡公園,ザパラ人,口承遺産,文化表現,カナイマ国立公園,ジャウ国立公園,ガラパゴス諸島,イグアス国立公園,ラパヌイ国立公園,自然保護区,森林保護区,環礁保護区,イースター島,(モアイの石像),チロエ島,ロス・グラシアレス,氷河,渓谷,マチュピチュ,植民地支配,オランダ,イギリス,スペイン,ポルトガル,植民都市,港,要塞,農牧業,鉱業,ポトシ,負の遺産,ディアマンティナ,キリスト旧教,キリスト教の布教,イエズス会伝道所,カトリック,聖堂,メスチソ,クリオ−リョ,ムラ−ト,サンボ,オルロ,カーニバル,祭典,音楽,舞踊,衣装,工芸,歴史都市,市街,歴史地区,都市・建築,大学都市,計画都市,カラカス,ブラジリア,バルパライソ,ペドロ・アルバレス・カブラル,シモン・ボリバル,チャールズ・ダーウィン,進化論,アントニオ・フランシスコ・リスボア(アレイジャジーニョ),カルロス・ラウール・ヴィラヌェヴァ,マリア・ライヒェ,ルシオ・コスタ,オスカー・ニエマイアー,ロベルト・ブルレ・マルクス,自然遺産,文化遺産,複合遺産,危機遺産,人類の口承及び無形遺産の傑作