世界遺産を巡る旅が人気を博しています。これまで、そんなに人が訪れなかったのに、ユネスコの「世界遺産リスト」に登録されて、知名度が一気に上昇し、観光資源と化しています。
 一方において、地元での受け入れ体制やインフラ整備が十分に進んでいない為に、交通渋滞などのパニックが起こっていたり、新たに、ごみやし尿などの環境問題が生じたり、世界遺産地では、様々な問題を抱えるに至っています。
 観光は、決して、悪いことではありませんが、観光旅行、なかでも、世界遺産観光はどうあるべきか、訪れる側、受け入れる側、それぞれに様々な利害が交錯するなか、これからの遺産観光のあるべき姿について、いろいろ考えてみたいと思います。





古田陽久 スペインの世界自然遺産 ドニャーナ国立公園にて




  ■Heritage Tourism to Japan
    ■Heritage Tourism to Hiroshima

  ■Heritage Tourism to All over the world
    ■Heritage Tourism to Luxcembourg
    ■Heritage Tourism to Egypt

    ■Heritage Tourism to Uzbekistan

  ■Eco-Cultural Tourism to Switzerland
  ■Eco-Cultural Tourism to Chongjing Area, China
 




古田陽久 陝西省西安市にて<唐の高僧玄奘三蔵像と大慈恩寺(大雁塔)>



世界遺産と総合学習の杜に戻る
シンクタンクせとうち総合研究機構のご案内に戻る
世界遺産総合研究所のご案内に戻る
世界遺産情報館へ戻る
出版物のご案内に戻る

出版物ご購入のご案内に戻る

世界遺産講座へ戻る