カバーイメージ
 

編著者

古田陽久・古田真美

共著者 大串行雄,河野祥宣,中越信和,延廣光彦,
後藤昇,大原武正,山田知子,丁野朗,井口佳子

発行

シンクタンク瀬戸内総合研究機構
(現 シンクタンクせとうち総合研究機構)

定価

2,100円(本体2,000円)

ISBN

4-9900145-3-7

発行日

1994年9月15日

判型

A5

頁数

236ページ


在庫 僅少



【本書の特色】世界一豊かで住みやすい国土づくりのシナリオを提言

 「都市の再生戦略」(1990年12月),「環瀬戸内からの発想」(1993年5月)に続く3冊目の出版。前者は,東京を中心とする「中央からの発想」,後者は,瀬戸内海を環状に取り囲む環瀬戸内海エリア(地域),すなわち,「地方からの発想」で,東京と地方の構造改革の必要性について提言してきた。

 本書は,これらを踏まえ,第四次全国総合計画(四全総)から次期全国総合開発計画(五全総)に向けての新たな国土づくりへのシナリオ,すなわち,グローバルな視点に立った日本列島・21世紀への構図を「中央と地方の発想」をクロス・オーバーさせながらユニークな提言を展開する。
























世界遺産と総合学習の杜に戻る
シンクタンクせとうち総合研究機構のご案内に戻る
世界遺産総合研究所のご案内に戻る
出版物のご案内に戻る
出版物ご購入のご案内に戻る