第8回無形文化遺産委員会バクー会議

 



ユネスコの第8回無形文化遺産委員会は、「緊急保護リスト」に4件、
「代表リスト」に25件<含む登録範囲の拡大1件 
初出国:エチオピア、ニジェール、マケドニア・旧ユーゴスラビア、モルドヴァ、ウクライナ>
を新登録
することを決定。



「緊急保護リスト」 35件 「代表リスト」 281件


世界無形文化遺産の数 316件

ベスト・プラクティス 新選定 1件


2014年11月の第9回無形文化遺産委員会の議長国は、ペルー、開催地は、パリ




 

 2011年のインドネシアの第6回無形文化遺産委員会バリ会議から2年ぶりに無形文化遺産委員会に出席することにした。今年2013年のユネスコの第8回無形文化遺産委員会は、122日(月)から7日(土)まで、アゼルバイジャンの首都バクーのJWマリオット・アブシェロンで開催された。

 文化プログラムは、121日(日)の夕べと128日(日)に予定され、恒例のNGOフォーラムは、委員会の開会の前日の121日(日)の午前11時から午後5時まで開催されたが、早めに日本を発ち、トルコのインスタンブール経由で、バクー入りすることにした。

 今年の第8回無形文化遺産委員会の委員国、ビューロー(幹事国)、主な議案、「緊急保護リスト」への記載候補、「代表リスト」への記載候補、「ベスト・プラクティス」の候補については、下記の通りであった。

 いわゆる「世界遺産」の登録審議とは異なり、10月に事前審査を担う補助機関の勧告の評価が、これまでの委員会では、基本的には追認されているので、若干、緊張感には欠け、日本の今年の候補「和食 日本人の伝統的な食文化」も、補助機関のプレゼンから約3~5分、審議の間もなく、あっけない登録決議であった。

                                   古田陽久

 

8回無形文化遺産委員会の委員国(24か国)

アルバニア、◎アゼルバイジャン、ベルギー、○ブラジル、○ブルキナファソ、□中国、チェコ、○エジプト、○ギリシャ、グレナダ、インドネシア、日本、キルギス、ラトヴィア、マダガスカル、モロッコ、ナミビア、ニカラグア、ナイジェリア、ペルー、スペイン、 チュニジア、ウガンダ、ウルグアイの24か国である。

 

ビューロー(幹事国)

◎議長国 アゼルバイジャン 
 議長 アブールファス・カラーエフ氏(
H.E.Mr.Abulfas Garayev

○副議長国 ギリシャ、ブラジル、中国、ブルキナファソ、エジプト


□ラポルチュール(報告担当国) 中国  

 報告担当者: チャン・リン氏(Ms.Ling Zhang

 

8回無形文化遺産委員会に締約国により提出された書類

10件の定期報告と緊急保護リストに登録されている無形文化遺産1件の報告書
○緊急保護リストへの登録推薦書類12
○ベスト保護プラクティスの登録に関する2
US$25.000以上の財政援助要請1
○代表リストへの登録推薦書類31
19のNGOによって提出された認定の要請

 

 

<緊急保護リスト>  12件 → 登録勧告3件/不登録勧告9件 → 登録決議4件

                        

                  補助機関の審査の結果

アゼルバイジャン

Chovqan, a traditional Karabakh horse-riding game → I → I

  

グアテマラ 

Paach ceremony → I → I

 

モンゴル

Mongolian calligraphy → I → I

  

ウガンダ

Empaako tradition of the Batooro, Banyoro, Batuku, Batagwenda and Banyabindi of western Uganda → N → I

 

 

<代表リスト候補>  

31件 → 登録勧告23件/情報照会勧告1件/不登録勧告7件 → 登録決議25件

 

アルジェリア

Annual pilgrimage to the mausoleum of Sidi ‘Abd el-Qader Ben Mohammed (Sidi Cheikh) → I → I

 

アルジェリア・マリ・ニジェール

Practices and knowledge linked to the Imzad of the Tuareg communities of Algeria, Mali and Niger → I → I

 

バングラデシュ

Traditional art of Jamdani weaving → I → I

 

ベルギー

Shrimp fishing on horseback in Oostduinkerke → I → I

 

ブラジル

Círio de Nazaré (The Taper of Our Lady of Nazareth) in the city of Belém, Pará→ N → I

 

中国

Chinese Zhusuan, knowledge and practices of mathematical calculation through the abacus → I → I

  

キプロス・クロアチア・スペイン・ギリシャ・イタリア・モロッコ・ポルトガル

Mediterranean diet

2010年に登録されたスペイン、ギリシャ、イタリア、モロッコの4か国の共同登録に加えて、キプロス、クロアチア、ポルトガルの3か国が加わり、7か国の共同登録をめざす。
→ I → I

 

エチオピア

Commemoration feast of the finding of the True Holy Cross of Christ → I → I

 

フランス

Limousin septennial ostensions → I → 

 

グルジア

Ancient Georgian traditional Qvevri wine-making method → I → I

 

インド

Sankirtana, ritual singing, drumming and dancing of Manipur → I → I

 

イタリア

Celebrations of big shoulder-borne processional structures → I → I

 

日本

Washoku, traditional dietary cultures of the Japanese, notably for the celebration of New Year → I → I

 

キルギス

Kyrgyz epic trilogy: Manas, Semetey, Seytek → I → I

 

モンゴル

Traditional craftsmanship of the Mongol Ger and its associated customs
→ I → I

 

ペルー

Knowledge, skills and rituals related to the annual renewal of the Q’eswachaka bridge→ I → I

 

韓国

Kimjang, making and sharing kimchi → I → I

 

ルーマニア/モルドヴァ

Men’s group Colindat, Christmas-time ritual → I → I

 

セネガル

Xooy, a divination ceremony among the Serer of Senegal → I → I

 

スロヴァキア

Music of Terchová → I → I

 

マケドニア旧ユーゴスラヴィア

Feast of the Holy Forty Martyrs in Štip → I → I

 

トルコ

Turkish coffee culture and tradition → I → I

 

ウクライナ

Petrykivka decorative painting as a phenomenon of the Ukrainian ornamental folk art→ N → I

 

ヴェネズエラ

La Parranda de San Pedro de Guarenas y Guatire → I → I

 

ヴィエトナム

Art of Đn ca tài t music and song in southern Viet Nam → I → I

 

 

<ベスト・プラクティス>  2件 → 選定勧告1件 → 選定決議1件

 

スペイン

Methodology for inventorying intangible cultural heritage in biosphere reserves: the experience of Montseny → I → I

 

 

補助機関の勧告区分

●「登録」(Inscribe)勧告  I
●「情報照会」(Refer)勧告  R
●「不登録」(Decide not to inscribe)勧告  N

 

尚、今回の第8回無形文化遺産委員会バクー会議での審議の結果を反映した「世界無形文化遺産データ・ブック-2014年版」は、20143月に発刊の予定。






 

<参考>

 

アゼルバイジャンの概要

 

人口 839万人     首都 バクー(約182万人)
面積 86600平方Km   言語 アルゼバルジャン語、ロシア語、アルメニア語
宗教 イスラム教、ロシア正教、アルメニア教会  通貨単位 マナト
特産品 手工芸品、ワイン 平均寿命 72
国民一人あたりの国内総生産額 3700米ドル
識字率 97       日本との時差 5時間

 

アゼルバイジャンの世界遺産2物件) 世界遺産条約締約 199312

 

● シルヴァンシャーの宮殿と乙女の塔がある城塞都市バクー
 (Walled City of Baku with the Shirvanshah's Palace and  Maiden Tower
  文化遺産(登録基準(iv)) 2000年  
● コブスタンの岩石画の文化的景観 (Gobustan Rock Art Cultural Landscape
  文化遺産(登録基準(iii)) 2007年    

 

 世界遺産暫定リスト記載物件(10物件)

 

Surakhany, Atashgyakh
 (Fire - worshippers, temple - museum at Surakhany) (1998) 
○The mausoleum of Nakhichevan  (1998) 
○Hyrkan State Reservation (1998) 
○ "Binegadi" 4th Period Fauna and Flora Deposit (#) (1998) 
○"Lok-Batan" Mud Cone  (1998) 
○"Baku Stage" Mountain (1998) 
○The Caspian Shore Defensive Constructions (2001) 
○Susha historical and architectural reserve (2001) 
○Ordubad historical and architectural reserve (2001) 
○Sheki, the Khan's Palace (2001)

 

 

アゼルバイジャンの世界無形文化遺産(代表リスト 5物件)
  無形文化遺産条約締約 20071    

 

●アゼルバイジャンのムガーム(Azerbaijani Mugham) 
  2008年 ← 2003年第2回傑作宣言言 
●アゼルバイジャンのアシュクの芸術 (The art of Azerbaijiani Ashiqs) 
  2009年  
●ノヴルーズ(Novruz
  アゼルバイジャン/インド/イラン/キルギス/ ウズベキスタン/パキスタン/トルコ    2009年   
●アゼルバイジャンの絨毯(The Azerbaijani carpet) 
  2010 
●タール、首長弦楽器の工芸と演奏の芸術 (Craftsmanship and performance art
  of the Tar, a long-necked string musical instrument2012  

 

アゼルバイジャンの世界記憶遺産 (1件) 

●中世の医療薬学に関する文書(Medieval manuscripts on medicine and pharmacy)    2005年登録
 <所蔵機関>アゼルバイジャン国立アカデミー写本研究所(バクー)





<参考文献>

  ●世界無形文化遺産データ・ブック-2013年版-(2013年3月)
  ●世界無形文化遺産データ・ブック-2012年版-(2012年3月)
  ●世界無形文化遺産データ・ブック-2011年版-(2010年12月)
  ●世界無形文化遺産データ・ブック-2010年版-(2009年10月)
  ●世界無形文化遺産データ・ブック-2006年版-(2006年7月)
  ●世界無形文化遺産ガイド-無形文化遺産保護条約編-(2004年6月)
  ●世界無形文化遺産ガイド-人類の口承及び無形遺産の傑作編-(2004年5月)
  ●世界遺産ガイド -人類の口承及び無形遺産編-(2002年4月)
  ●誇れる郷土ガイドー口承・無形遺産編ー(2001年6月)






世界遺産と総合学習の杜に戻る
シンクタンクせとうち総合研究機構のご案内に戻る
世界遺産総合研究所のご案内に戻る
出版物のご案内に戻る
出版物ご購入のご案内に戻る