第10回無形文化遺産委員会ウィントフック会議 速報

 


ユネスコの第10回無形文化遺産委員会は、「緊急保護リスト」に5件、
「代表リスト」に23件(初出国:ナミビア、トルクメニスタン、アンドラ)
を新登録することを決定。



「緊急保護リスト」 43件 「代表リスト」 336件


世界無形文化遺産の数 379件

ベスト・プラクティス 新選定 該当なし


2016年11月の第11回無形文化遺産委員会の議長国は、エチオピア
開催地は、エチオピアの首都アジスアベバ


 

 

 

 今年2015年のユネスコの第10回無形文化遺産委員会は、1130日(月)から12月4日(金)まで、約100か国からの500代表団が出席のもとに、ナミビアの首都ウィントフックのカントリークラブ・リゾートで開催された。


 ナミビアは、アフリカ大陸の南西部にある共和制国家で、英連邦加盟国である。ドイツによる植民地時代は、ドイツ領南西アフリカと呼ばれていた。ナミビアという国名は、同国内にある世界最古級の砂漠といわれているナミブ砂漠にちなんでつけられた。「ナミブ」は、主要民族であるサン人の言葉で、「何もない」という意味である。

 ナミビアは、1978年11月2日に、ユネスコに加盟、2000年4月6日に世界遺産条約、2007年9月19日に無形文化遺産保護条約を締約している。
 ナミビアのユネスコ遺産は、世界遺産が「トワイフェルフォンティン」(文化遺産 2007年登録)と「ナミブ砂海」(自然遺産 2013年)の2件、世界無形文化遺産は、今回登録された「Oshituthi shomagongo, marula fruit festival」、世界記憶遺産は、「ヘンドリック・ヴィトブーイのレター誌」(2005年登録)の4件である。

 今年の第
10回無形文化遺産委員会の委員国、ビューロー(幹事国)、主な議案、「緊急保護リスト」と「代表リスト」に登録候補は、下記の通りである。


 今年の日本からの登録候補
はない。

                                   古田陽久

 

10回無形文化遺産委員会の委員国(24か国)

アフガニスタン、アルジェリア、ベルギー、ブラジル、ブルガリア、コンゴ、コートジボアール、エジプト、エチオピア、ギリシャ、ハンガリー、インド、キルギス、ラトヴィア、モンゴル、ナミビア、ナイジェリア、ペルー、韓国、セント・ルシア、チュニジア、トルコ、ウガンダ、ウルグアイの24か国である。

 

 

ビューロー(幹事国)


◎議長国 ナミビア 

 議長 トルーディ・アムルング氏<H.E. Ms Trudie Amulungu>

○副議長国 ベルギー、ハンガリー、ブラジル、インド、チュニジア

□ラポルチュール(報告担当国) エジプト  
 報告担当者: アーメド・アライ・モルシ氏 (Mr Ahmed Aly Morsi)

 

 

10回無形文化遺産委員会に締約国により提出された書類


24件の定期報告と緊急保護リストに登録されている無形文化遺産3件の報告書

○緊急保護リストへの登録推薦書類8 
代表リストへの登録推薦書類 35件 
○ベスト保護プラクティスの登録に関する 該当なし 

財政援助要請2
○54のNGOによって提出された新認定の要請
69の貢献報告書

 

 

<緊急保護リスト>  

   8
件 → 登録決議5

                        


コロンビア - Traditional Vallenato music of the Greater Magdalena region
モンゴル - Coaxing ritual for camels
ポルトガル- Manufacture of cowbells
マケドニア - Glasoechko, male two-part singing in Dolni Polog
ウガンダ - Koogere oral tradition of the Basongora, Banyabindi and Batooro peoples



 

<代表リスト候補>  

35件 → 登録決議23



アルジェリア – Sbuâ, annual pilgrimage to the zawiya of Sidi El Hadj Belkacem in Gourara
アンドラ、スペイン、フランス - Summer solstice fire festivals in the Pyrenees
アルゼンチン - Filete porteño in Buenos Aires, a traditional painting technique
オーストリア - Classical horsemanship and the High School of the Spanish Riding School Vienna
アゼルバイジャン - Copper craftsmanship of Lahij
ブルガリア - Surova folk feast in Pernik region
カンボジア/フィリピン/韓国/ヴィエトナム – Tugging rituals and games
コロンビア/エクアドル - Marimba music, traditional chants and dances from Colombia’s South Pacific region and Equador’s Esmeraldas Province
朝鮮民主主義人民共和国 - Tradition of kimchi-making in the Democratic People’s Republic of Korea
エチオピア - Fichee-Chambalaalla, New Year festival of the Sidama people
ギリシャ - Tinian marble craftsmanship
インドネシア - Three genres of traditional dance in Bali
カザフスタン/キルギス   Aitysh/Aitys, art of improvisation
初 ナミビア - Oshituthi shomagongo, marula fruit festival
ペルー - Wititi dance of the Colca Valley
ルーマニア - Lad’s dances in Romania

サウジアラビア - Alardah Alnajdiyah, dance, drumming and poetry in Saudi Arabia
スロヴァキア - Bagpipe culture
 トルクメニスタン - Epic art of Gorogly
アラブ首長国連邦/オーマン - Al-Razfa, a traditional performing art
アラブ首長国連邦/サウジアラビア/オーマン/カタール - Arabic coffee, a symbol of generosity
アラブ首長国連邦/サウジアラビア/オーマン/カタール - Majlis, a cultural and social space
ヴェネズエラ - Traditional knowledge and technologies relating to the growing and processing of the Curagua

 

 尚、今回の第10回無形文化遺産委員会ウィントフック会議での審議の結果を反映した「世界無形文化遺産データ・ブック-2016年版」は、20163月に発刊の予定。


 2016年の第11回無形文化遺産委員会(議長 ヨナス・デスタ(Yonas Desta)氏<エチオピア国立文化遺産研究保存局長官 Director General of the Authority for Research and Conservation of Cultural Heritage (ARCCH)>)は、20161128日から122日まで、エチオピアの首都アジス・アベバで開催される予定です。






<参考文献>

  ●世界無形文化遺産データ・ブック-2016年版-(20163月)

  ●世界無形文化遺産データ・ブック-2015年版-(20153月)

  ●世界無形文化遺産データ・ブック-2014年版-(2014年3月)

  ●世界無形文化遺産データ・ブック-2013年版-(2013年3月)

  ●世界無形文化遺産データ・ブック-2012年版-(2012年3月)

  ●世界無形文化遺産データ・ブック-2011年版-(2010年12月)

  ●世界無形文化遺産データ・ブック-2010年版-200910月)

  ●世界無形文化遺産データ・ブック-2006年版-20067月)

  ●世界無形文化遺産ガイド-無形文化遺産保護条約編-20046月)

  ●世界無形文化遺産ガイド-人類の口承及び無形遺産の傑作編-20045月)

  ●世界遺産ガイド -人類の口承及び無形遺産編-20024月)

  ●誇れる郷土ガイドー口承・無形遺産編ー20016月)

 




世界遺産と総合学習の杜に戻る
シンクタンクせとうち総合研究機構のご案内に戻る
世界遺産総合研究所のご案内に戻る
出版物のご案内に戻る
出版物ご購入のご案内に戻る